鱗水のりんすい的ブロ グ                                        < new page を見る    old page を見る >

  仏像彫刻                                                                   2013.2.06

    今日は近くで仏像彫刻をやられている方のところにお邪魔しました。三階の工房からは海が一望でき
    る環境のいいところ。退職後京都で仏師のところに師事され10年ほどでこれだけのものが彫れるよう
    になるのですね。仏像の場合寸法が決まっていますが私の彫魚は決りごとなど何の制約もなく独学
    で始め好き勝手にやっていますので楽です。

千手観音と烏倶婆我童子 檜材


      鰻                                                                               2013.1.29

         Online Shop にUp です。

 


      ウナギ                                                                      2013.1.28

      現在製作中のウナギ本日仕上げて久々に明日 Online Shop に掲載しようと思っております。

 


      ミニヤマメ ちゃん                                                  2013.1.24

      22ミリのヤマメを付けたスナップロープでブレスレットにちょうどいい。またスナップ付きなので輪
      の径の範囲内であれば何にでも付けられる。

 


      Tuna Fin                                                                 2013.1.22

       削って削って最終的に尾っぽだけになってしまった代物。首飾りにでもすれば結構斬新だと思う
      のだが・・。

 


   巨大松ぼっくり                                                          2013.1.20

   みやげにもらったでっかい松ぼっくり。かなり重くサメの歯のような硬く鋭い鱗片を持つ
   球果、こんなのが頭に落ちてきたらたぶん目ん玉飛び出ると思う。歯科技工士用のミニグ
   ラインダーで磨きあげるとピカピカに。松脂の匂いがなかなかよろしゅうおます。

 


         磯の王者イシダイの歯                                             2013.1.18

  イシダイも80cm近くになってくると歯も想像以上に立派なものに。
   サザエやアワビも噛み砕いてしまうほどのパワーの持ち主でサザエの蓋が胃袋にいくつも
   入っていたというのも聞いたことがある。同サイズの口白(イシガキダイの老成魚)と比較する
   と口白のほうが歯は大きいが上から見ると横幅が薄くイシダイのほうがずんぐりとしている。
   昔、和歌山の串本で1.2mのイシダイが網に掛かったという話があるのだがその信憑性の程は 
   如何に。

 


 


    懐かしくも程よい刺激をいただいて                                             2013.01.17          

   エントリーが遅れましたが昨年4月に超〜久しぶりにお逢いしました現在フリーのカメラマ
   ンの廣田利之さん(左)です。和歌山方面には度々撮影にこられていたそうなのですが今回連絡
   が入り立ち寄ってくれました。なにしろ20年余り前の東京国際Fショー以来になります。
   当時つり雑誌の写真部にいたトシさんに私の出展作品も取り上げていただきましたが久々に
   逢えて魚の話は延々と続きました。水中撮影した動画も見せていただきましたが毎年北海道に
   イトウの撮影に行っているようで翌月にその様子の画像が送られてきました。
   はやりフィールドに出向いて生で実物を見ないとやる気がでませんね。棚の右に尾鰭だけを出
   して隠れているのがそうなんですけどなんとか私も時間作って行けるようにしたいものです。
   その時はトシさんよろしくお願いします。           

 

 

   

   年明けて遡上のビワマスの画像送っていただきました。私も目的に向かって遡上したいと思
   います。

 

 

   
   何かたらないな〜と思いつつ製作途中で止めてしまったイトウ。
   10年ほど手をつけていないかも。取り合えず仕上げてみることにしてそれから新たにもう一
   点作るということにいたします。

 

 


                                < new page を見る     old page を見る >